宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む、ぐぬぬwww

1 :豆次郎 ★:2018/02/17(土) 23:07:24.56 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8UUMGvv.jpg 2/17(土) 23:05配信
宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む

[2.17 ブンデスリーガ2部第23節 デュッセルドルフ1-1グロイター・フュルト]

 ブンデスリーガ2部は17日、第23節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでグロイター・フュルトと対戦し、1-1で引き分けた。第21節ザントハウゼン戦で脳震盪を起こした原口は2戦連続でメンバー外。宇佐美は後半15分から途中出場し、後半31分に同点ゴールを叩き込んだ。

 グロイター・フュルトが直接FK弾で試合を動かした。前半9分、右サイドからのスローインを受けたDFハレド・ナレイがPA右を縦に仕掛けると、DFニコ・ギーセルマンに倒され、FKを獲得。キッカーのDFマクシミリアン・ビッテクがPAから左足を振り抜くと、強烈なシュートはGKの手をかすめてゴール左隅に突き刺さった。

 デュッセルドルフが圧倒的なボール支配率で試合を進めたが、0-1で前半を折り返した。迎えた後半15分、宇佐美がピッチに入り、右サイドハーフの位置でプレー。後半22分には宇佐美が右CKのキッカーを務め、右足で蹴り込むと、ニアサイドのホフマンが強烈ヘッドで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 迎えた後半30分、右後方からのFKをFWハーバード・ニールセンがワンタッチで落とすと、走り込んだ宇佐美が巧みな左足トラップから強烈な右足ボレーでゴールを射抜いた。宇佐美の得点は昨年9月23日の第8節ザンクト・パウリ戦(2-1)以来、約5か月ぶり。今季3点目となるスーパーゴールを叩き込み、1-1の引き分けに持ち込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650644-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180217-01650644-gekisaka-000-1-view.jpg

堀江氏がスター不在に危機感「Jリーグで一番有名な選手はいまだにカズさん。越えないといけない一番の壁」、グヌヌ!!

1 :首しめ坂 ★:2018/02/16(金) 06:08:59.74 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1VU3JIb.jpg 堀江氏がスター不在に危機感「越えないといけない一番の壁」
2/16(金) 6:02配信
スポニチアネックス

◇Jリーグキックオフカンファレンス(2018年2月15日)
Jリーグのアドバイザーを務める堀江貴文氏(45)がスター不在の現状を嘆いた。
この日、村井チェアマン、長崎の高田社長と討論会を行い
「Jリーグで一番、有名な選手はいまだにカズさん。皆が知っている選手がJリーグにはいない。
本田(パチューカ)とか。これが越えないといけない一番の壁」と発言。
日本人有名選手の多くが海外でプレーすることにも危機感を抱き
「東南アジアのクラブの年俸はどんどん上がっている。このままでは抜かれる」と語っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000048-spnannex-socc

ゼロックス杯で感じた寂しさ…Jクラブは賞金を内部留保しないで夢のある補強を!、かわいいヾ(⌒▽⌒)ゞ

1 :ゴアマガラ ★ :2018/02/13(火) 21:47:28.07 ID:CAP_USER9

特に今シーズンは、2016年にスポーツ映像配信サービス会社「DAZN」と大型契約を結んだJリーグから多額の資金がもたらされる最初のシーズンにあたる。
優勝チームの川崎は優勝賞金3億円、理念強化配分金が3年総額15億5千万円、J1均等配分金3億5千万円と、
総額22億円を手にすることが決定しており、少なくとも今年はそのうち16億5千万円という過去に例を見ない大金を手にする予定だ。

一方、リーグ3位のセレッソにしても3位の賞金6千万円に加え、理念強化配分金が総額3億5千万円、J1均等配分金3億5千万円、
ルヴァンカップ優勝賞金1億5千万円、天皇杯優勝賞金(チーム強化費)1億5千万円…と今年だけで9億1千万円を手にすることになっている。

もちろん、数百億円規模の賞金収入もザラなヨーロッパサッカーの市場規模とは単純に比べられないが、25周年を迎えたJリーグ史上でこれだけのお金がクラブに支払われることはなかった。

ところが、そんな夢を売るに相応(ふさわ)しいシーズンのスーパーカップでは、驚くべきことに両チームのスタメンに「新戦力の名前がひとりも見当たらない」という珍しい現象が起きてしまった。
両チームのサポーターのみならず、多くのサッカーファンが“DAZNマネー”の使い途(みち)に期待をしていただけに、そのお披露目ともいえるスーパーカップを観てがっかりした人も多かったのではないだろうか。

そもそもこの両チームは、手にする予定の大金とは裏腹にシーズン前の補強策では堅実路線を貫いていた。

川崎の目玉となったのは大久保嘉人と斎藤学のふたりだが、大久保はFC東京からの買い戻し費用しかかかっておらず、横浜F・マリノスから獲得した斎藤についてはフリートランスファー(移籍金ゼロ)。
セレッソにしても、後半から出場したFWヤン・ドンヒョンを浦項(韓国)から獲得した他、ヘルシンキ(フィンランド)からJリーグに復帰した元アルビレックス新潟の田中亜土夢を、
浦和レッズから高木俊幸を獲得したのが目立った補強で、大金を使わずして戦力の整備を終えている。

いずれも、地道ながら着実に戦力アップを実現できる補強であるとはいえ、それぞれ16億5千万円、
9億1千万円という予算が増額されたクラブのお金の使い途としては、いささかエンターテインメント性を無視しすぎているのではあるまいか。

確かにセレッソについては、かつて14年に大金を使ってウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランを獲得しながら2部降格を味わったという苦い経験もあるため、堅実路線を選択するのも仕方ない部分はある。

しかし、川崎は“DAZNマネー”の恩恵を勝ち取った最初のモデルケースとなるため、その予算の使い方が今後のJクラブの経営方法を左右しかねないという大きな責任ものしかかっている。

過去に手にしたことのない大金を前に尻込みしてしまったのかはわからないが、ここはファンや社会に夢を与える商売であることも自覚し、是非ともエンターテインメント性も追求してほしいところである。

現在、日本では企業の内部留保が問題視されているが、勝利と同時にファン拡大も最重要事項であるJクラブは、それと同じような道を歩んではいけないと思うのだ。

(取材・文/中山 淳 撮影/藤田真郷)

前年のリーグチャンピオンとカップ(天皇杯)チャンピオンによるJリーグの新シーズン最初の公式戦「スーパーカップ(FUJI XEROX SUPER CUP 2018)」が、2月10日に埼玉スタジアムで行なわれた。

今回は、川崎フロンターレ(リーグ戦チャンピオン)とセレッソ大阪(天皇杯チャンピオン)が対戦し、3対2でセレッソが勝利。
昨季まで9年連続でリーグ戦チャンピオンが勝利しているというデータを見事に覆(くつがえ)し、クラブ初となるスーパーカップのタイトルを手にすることとなった。

Jリーグが産声を上げた翌年(1994年)にスタートしたこの大会は、今回で25回目を数える由緒正しきタイトルマッチだ。これまではリーグ戦の開幕1週間前に行なわれるのが慣例だったが、
2月24日にシーズンが開幕する今年は13日から始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ開幕戦前の開催という異例のスケジュールで行なわれた。

とはいえ、ファンにとっては新シーズンの幕開けを告げる“風物詩”的な大会であることに変わりはない。とりわけ、両チームのサポーターにとってはオフシーズンの間に加わった新戦力の存在が最大の関心事となる。

彼ら新加入選手たちが額面通りの活躍を見せてくれそうなのか? それによってチームはどのように変化したのか? 
自分の目でそれを確かめられる最初の機会がこのスーパーカップだけに、勝敗以上にその部分がクローズアップされるのは当然である。

それは、Jリーグが見習っているヨーロッパサッカー界も同じだ。

例えば、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)は毎年8月にUEFAスーパーカップ(チャンピオンズリーグ王者とヨーロッパリーグ王者の対戦)を開催し、
イングランドでは開幕1週間前にFAコミュニティ・シールド(かつてのチャリティー・シールド)を、その他スペイン、ドイツ、フランスなど多くの国のリーグで開幕前にスーパーカップを行なうという習慣が根付いている。

そこで注目されるのも、やはり移籍マーケットで補強した新戦力のプレーぶりだ。特に移籍が激しいヨーロッパでは、
毎年数えきれないほど多くの選手たちが新天地のユニフォームに着替えるため、前シーズンとは全く別のチームとして再出発するケースも少なくない。

もちろん、継続してチームを熟成させることも大事ではあるが、プロサッカークラブは「ファンに夢を与える商売」でもあるため、毎シーズン、目先を変えて彼らを飽きさせないという努力も重要になる。
逆に言えば、ビッグクラブを筆頭にそのエンターテインメント性の部分を追求しているからこそ世界規模でマーケットを拡大させることに成功しているともいえる。

それと比べると、残念ながら日本のスーパーカップはまだエンターテインメント性が低いと言わざるを得ない。

>>2以降へ続く
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00099662-playboyz-socc

日本選手( ・_・)ノΞ、柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進[18/02/13]

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/13(火) 21:23:37.77 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/HCA7wlY.jpg 柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進
2/13(火) 21:20配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714928-soccerk-socc

ACL初戦は悔しい敗戦となった [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、全北現代(韓国)と柏レイソル(日本)が対戦した。

 プレーオフを制し3年ぶりのACL出場となる柏はクリスティアーノが最前線に入る4−2−3−1の布陣。新加入の亀川諒史、江坂任も先発入りを果たした。

 開始10分、大谷秀和のダイレクトパスにハモン・ロペスが反応。相手GKが前に飛び出すも、左足でループシュートを沈め、柏が幸先良く先制する。続く27分、左サイドからチャンスを作ると、ハモン・ロペスのシュートのこぼれ球を江坂が押し込んで追加点。

 後半に入り55分、CKからイ・ドングッに決められ、差は1点に。続く75分、全北にセットプレーを与えてしまうと、キム・ジンスに同点弾を許した。さらに終了間際の85分、再びイ・ドングッに決められてしまう。

 試合は3−2で終了。柏は敵地で2点を先行したものの、逆転負けで勝ち点を獲得できなかった。次戦は20日、ホームで天津権健(中国)と対戦する。

【スコア】
全北現代 3−2 柏レイソル

【得点者】
0−1 10分 ハモン・ロペス(柏)
0−2 27分 江坂任(柏)
1−2 55分 イ・ドングッ(全北現代)
2−2 75分 キム・ジンス(全北現代)
3−2 85分 イ・ドングッ(全北現代)
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180213-00714928-soccerk-000-view.jpg

6: Ta(っ’-‘)、香川真司、日本人選手「欧州最大の成功事例」 中田英寿や中村俊輔、小野伸二らを抑え4部門1位

1 :数の子 ★:2018/02/12(月) 21:51:51.63 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nYsojpN.jpg 数多くの日本人サッカー選手が欧州の舞台でプレーしているが、最も成功を収めている選手は誰なのか。リーグやクラブ、時代も異なるだけに議論百出のテーマだが、UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイトでは「日本の欧州最大の成功事例」という特集を組み、日本人選手にスポットライトを当てている。

 UEFA公式サイトは11日に記事をアップすると、「建国記念日のため、UEFAでは欧州に影響を与える日本人選手に敬意を表します」と記して日本人選手の特集を組んだ。内容は、欧州でのプレー経験を持つ日本人選手を対象に4部門を設けてランキング形式で紹介している。

「UEFAチャンピオンズリーグ(CL)/欧州チャンピオンズカップ(予選含む)」の通算出場数と得点数、UEFA主催クラブ大会での通算出場数と得点数をそれぞれ部門別に掲載。全4部門でトップに輝いたのは、欧州3カ国でプレーした本田圭佑(パチューカ)や元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)、元日本代表MF中田英寿氏ではなく、「小さな魔法使い」として欧州で結果を残し続けるドルトムントMF香川真司だった。

 同記事では「シンジ・カガワが日本人選手全4部門でトップ」と言及。CL出場記録では、シャルケで長年活躍したDF内田篤人の31試合を上回り、香川が32試合でトップに君臨。また得点数でも、2位本田の3得点と僅差ながら、香川が4得点で1位に立っている。

「日本人初のUEFAトロフィー優勝者」は…
 UEFA主催クラブ大会においても、香川は52試合で日本人最多だ。マンチェスター・ユナイテッドでも出場するなどキャリアを積み重ね、2位の内田より12試合多い。また得点数では、5得点で2位の本田を大きく引き離し、香川が11得点でトップとなっている。

 また、2002年UEFAカップ決勝でドルトムントに3-2と勝利し、フェイエノールトの優勝に貢献した小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)も記載され、「日本人初のUEFAトロフィー優勝者」として紹介されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180212-00010020-soccermzw-socc

香川、ボランチで先発も負傷交代…ロイス復帰のドルトはバチュアイ連発で2連勝[18/02/11]、香川どうΣ( ̄□ ̄;)

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/11(日) 01:37:32.80 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/03sn9qY.jpg 香川、ボランチで先発も負傷交代…ロイス復帰のドルトはバチュアイ連発で2連勝
2/11(日) 1:23配信 ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?237620-237620-fl
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-01650413-gekisaka-socc

MF香川真司は後半17分に負傷交代(Getty Images)

[2.10 ブンデスリーガ第22節 ドルトムント2-0ハンブルガーSV]

ブンデスリーガは10日、第22節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでDF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVと対戦し、2-0で勝った。香川は8試合連続で先発したが、後半17分に負傷交代。連続フル出場は7試合でストップした。酒井は5バックの右サイドバックでフル出場。伊藤はベンチ外だった。

ドルトムントは昨年5月27日に行われたDFBポカール決勝で右膝前十字靱帯を部分断裂し、長期離脱していたFWマルコ・ロイスが約8か月半ぶりに復帰。1月の移籍市場でチェルシーから加入したFWミヒー・バチュアイと縦関係の2トップを組み、先発のピッチに立った。

ロイスの復帰に伴い、システムも4-3-3から4-4-2に変更。香川はMFユリアン・バイグルとダブルボランチを組み、右サイドにMFクリスティアン・プリシッチ、左サイドにFWアンドレ・シュールレが入った。

前半20分、香川のスルーパスに反応したバチュアイは惜しくもオフサイド。ハンブルガーSVも同29分、酒井の右クロスからFWボビー・ウッドが右足を振り抜いたが、至近距離でDFのブロックに遭い、前半は互いに見せ場少なく、スコアレスで折り返した。

後半立ち上がりの4分、ドルトムントの新エースがゴールネットを揺らす。PA内右に抜け出したプリシッチのシュート性のクロスにバチュアイがオンサイドの位置から飛び出し、左足でスライディングシュート。デビュー戦となった前節のケルン戦(3-2)で圧巻の2ゴール1アシストを記録したベルギー代表FWが2戦連発となる先制点を奪った。

1点をリードしたドルトムントだったが、後半14分、香川にアクシデントが襲う。相手PA手前でパスを出した際に左足首を痛めたか、自らプレーを中断してピッチの外へ。ベンチ前で治療を受けていたが、そのまま同17分にMFマフムード・ダフードと交代した。

復帰戦のロイスも後半27分、MFマリオ・ゲッツェとの交代でベンチに下がったドルトムント。終盤はハンブルガーSVに押し込まれる時間もあったが、後半アディショナルタイムにゲッツェのダメ押しゴールで2-0と突き放し、2連勝を飾った。これでペーター・シュテーガー監督就任後は7試合負けなし(4勝3分)。好調なチームを引っ張ってきた香川の状態だけが気がかりだ。
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggtqa7E3BoqsR2v9DskXSDtQ—x900-y675-q90-exp3h-pril/amd/20180211-01650413-gekisaka-000-view.jpg

衝撃!クラブの会長と選手のベッドイン写真が流出…長年関係を続けるも移籍志願で破局、会長ブチ切れ、3モル(´▽`人‘▽’)

1 :れいおφ ★:2018/02/09(金) 12:06:08.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/76O8Mdo.jpg クラブの会長と選手とのベッドイン写真が流出するという事件があったようだ。『Marca』などが伝えている。

これは、パラグアイ2部リーグのルビオ・ニュというチームの会長と選手だとされている。

アントニオ・ゴンサレス会長と選手のベルナルド・ガブリエル・カバジェロは長年関係を続けていたという。

この衝撃のリーグ画像に、パラグアイサッカー界は揺れているとのこと。

会長は選手がパートナーだったことを認めている。
そして、メルセデス・ベンツ、ランドクルーザーやハイラックス等のトヨタ車など
彼が決して乗ることができなかった車を与える特権的な扱いをしていたとも明かしたそう。

だが、新しい代理人(年配の女性?)からの勧めで選手が移籍を希望したことでその関係は崩壊。

ブチ切れた会長は選手と代理人を口汚く罵る動画をアップしており、選手とは契約解除したうえで、
もう2度とサッカーはできないだろうとも述べたという。
どうやら選手の権利面などを巡る争いも絡んでいるようだ。

(画像はこちら)
https://qoly.jp/2018/02/09/antonio-gonzalez-v-bernardo-gabriel-gaballero-iks-1

たった1Σ( ̄□ ̄;)、Kリーグ、世界プロサッカーリーグ順位で7年連続アジア1位に

1 :shake it off ★:2018/02/08(木) 11:51:52.50 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XTRVLo2.jpg 韓国のKリーグが7年連続で、アジア最高のプロサッカーリーグとなった。

 韓国プロサッカー連盟は、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の資料を引用し、2017世界プロサッカーリーグ順位でKリーグが全体の28位。また、AFC(アジアサッカー連盟)所属のプロサッカーリーグの中では最も高い順位だったと2日、発表した。

 IFFHSは先月14日、ホームページを通して2017年世界プロサッカーリーグ順位を公開。1991年から全世界プロサッカーリーグの順位を発表しているIFFHSは、各国上位5つのクラブ成績の合算点数でリーグの順位を決定している。

 Kリーグは2017年の順位で、合算点数528.5点を獲得し、サウジアラビア(526点/29位)と日本(471.5点/31位)、中国(403点/38位)、イラン(388点/46位)を抑えてアジア最高のリーグを手にした。これにより、Kリーグは7年連続でアジア最高リーグの地位を守ったことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000058-wow-socc