ウキウキ(´▽`人‘▽’)、SNSに「家出したい」と書き込んだ女児(11歳)を自宅に泊めた男(28歳)を未成年者誘拐罪で逮捕 川崎

1 :岩海苔ジョニー ★:2018/02/20(火) 08:46:12.40 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1OiL4ZP.jpg SNS上に「家出したい」と書き込んだ小学5年生の女の子を自宅に泊めたとして、男(28)が逮捕された。

未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、神奈川県川崎市の無職・高橋茂容疑者(28)。

警察によると、神奈川県内に住む少女(11)が18日の夜、行方不明になり、警察が捜したところ、
東急・梶が谷駅の防犯カメラに高橋容疑者と一緒に映っていたという。

警察が、PASMOの情報から割り出した高橋容疑者の自宅に19日午後、踏み込むと、少女(11)がいたため、保護した。

少女はSNS上で「18歳」と称して「家出したい」などと書き、高橋容疑者が「うちに来れば」と書き込んでいたという。

高橋容疑者は「女の子を一泊させたのは間違いない」と容疑を認めているという。

なお、高橋容疑者の自宅からは別の少女(19)も見つかり、警察が詳しい経緯を調べている。

http://www.news24.jp/articles/2018/02/20/07386075.html

関連スレ
【川崎】SNSで知り合い小5の女の子誘拐か 28歳男を逮捕 家には19歳の別の女の子も
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519061367/

グヌヌ(ᅙωᅙ)ふっふっふ、友達を"捨てられる人"ほど人生が充実する

1 :ノチラ ★:2018/02/19(月) 11:54:44.61 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JINRICc.jpg 不要品を手放せば、第二の人生が輝きだす
「定年後に老後を考え始めるようでは遅いです」

そう語るのは、『弘兼流60歳からの手ぶら人生』の著者であり、『課長島耕作シリーズ』でおなじみの漫画家の弘兼憲史氏だ。今年70歳を迎えた弘兼氏は、自らと同世代のビジネスパーソンの定年後を数多く見てきた。

60歳を超えても、会社で活躍し続ける人はいるだろう。だが、元パナソニック社員の弘兼氏曰く、「会社に残れるのは極めて少数の役員の人たちだけです」とバッサリ。しかし案ずる必要はないと、言葉を続ける。

「定年を前に、出世ルートを外れていると感じるならば、仕事以外の自分の幸せを考え直すよい機会と捉えるべきです。自分の身辺を見直し、不要なモノを捨てることで、身軽に生きられます。整理を始めるなら、早いにこしたことはありません。その分長い時間を“手ぶら”で生きることができるのですから」

今年7月に聖路加国際病院で定年退職を迎え、翌月には新たなクリニックを開院した精神科医の保坂隆氏も、定年後にやりたいことをするには、現役時代から身辺整理を進めるべきと説く。現役時代から準備を始め、万全の体制で第二の人生を迎えよう。

友達は「量より質」で関連コストも削減
SNS時代において、友人の多さはその人の価値や財産のように思われがちだが、弘兼氏は「友達の数で、幸せは決まらない」と断言する。

「若い頃は、友人の多さが有利に働く場面がたくさんあります。特に仕事はそうですね。しかし、年を重ねるにつれ、自分のポジションというものが明確になります。もしこれ以上、上にいけないと感じたら、無理して今以上に人脈を広げたり、維持したりする必要はありませんね。それよりも、少人数の信頼できる友人がいるほうが大切です」

現役世代でも、モノを通じて今の人間関係を見直すことはできる。

「僕は最初に年賀状廃止からやりました。昔の年賀状は心のこもった手書きでしたが、今ではパソコンですべてを印刷したものがほとんどです。さらに正月の過ごし方も変わってきています。昔と違って元日からお店は営業しているし、イベントもいろいろやっています。年賀状をゆっくりこたつで見る人って、減っているのではないでしょうか。となると、年賀状を出しても、読まれているのかどうかさえわかりませんから」(弘兼氏)

さらに弘兼氏は、「スマホなど通信手段も昔に比べて格段に発達しています。現役世代が年賀状を全廃するのは難しいかもしれませんが、現在200〜300枚の年賀状をもらっている人は、送る数を10分の1程度に減らしても十分ではないでしょうか。突然年賀状を廃止するのが気になる場合や、送ってない人から送られてきた場合は、『自分はもう年賀状を出しません。その代わり、普段、連絡を取り合いませんか』と連絡をしてみては」と語る。

同様に、「保存しておく年賀状は過去3年分のみ」という佐々木氏は、ビジネスパーソンの証しである名刺も、枚数を決めて3年分しか取っていない。

こうした人間関係の整理を進めておくと、定年後、冠婚葬祭にかかる費用を抑えられるというメリットもある。同様に、お中元、お歳暮の送り先についても検討の余地ありだ。

現役世代は、まずは会社関係者と行く飲み会を厳選するところから始めてはどうだろうか。また、「二次会には行かない」などルールを決め、浮いた時間やお金を、定年後のプランづくりに回すのもオススメだ。
http://president.jp/articles/-/24305

`_⊥  (+#+、背中刺され韓国籍の男性死亡、「待て」と叫ぶ声を付近の住民らが聞く 大阪府羽曳野市

1 :ひろし ★:2018/02/18(日) 23:42:48.24 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JFVCs5D.jpg 背中刺され韓国籍の男性死亡、「待て」と叫ぶ声

 17日午後10時5分頃、大阪府羽曳野市軽里の路上で、男性がうつぶせに倒れているのを通行人が見つけ、119番した。

 男性は背中に刺し傷があり、病院へ運ばれたが、死亡が確認された。男性は同府藤井寺市、韓国籍の会社員崔喬可さん(64)で、府警は殺人容疑で捜査している。

 発表などでは、司法解剖の結果、死因は、背中を刺されたことによる出血性ショックだった。崔さんは17日午後9時半頃、羽曳野市内で一緒に食事をした知人の女性を、車で現場近くの女性宅に送ったという。防犯カメラ映像などから、その後、そばにある駐車場に車を止め、付近を歩いていたといい、府警はこの時に襲われたとみている。

 付近の住民らが「こら、待て」と叫ぶような男の声を聞いており、関連を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00050103-yom-soci

日本人はなぜ転職で「年収アップ」を求めないのか、偽物かな+#+

1 :ノチラ ★:2018/02/18(日) 00:44:31.92 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ymxmgyG.jpg 「日本では転職しても賃金が上がらない」という話をよく聞きますが、一概にそうとはいえない実態については、「『転職すると年収が下がる』は本当か? データで検証」(記事下の【関連記事】参照)でお伝えしたとおりです。しかし、そもそも日本の求職者は、転職時に収入アップを目指しているのでしょうか。当然ですが、収入アップを求めなければ上がりません。実は、日本では転職時に重視する項目の上位に「高い賃金」が入ってこないのです。では、日本の従業員は転職先企業に何を求めているのでしょう。諸外国との比較で浮かび上がる、日本の転職事情の特徴とは——。

転職時に「高い賃金」を重要視しない日本
 リクルートワークス研究所とボストンコンサルティンググループは、2015年から毎年、共同で「求職トレンド調査」を実施しています。これは、世界13カ国(G7、BRICS、オーストラリア)の求職行動を比較したものです。17年12月に発表した最新の結果では、日本の求職者が、他の国に比べて、転職時に賃金を重視しないことが浮き彫りになっています。

 「転職前よりも給与水準が上がる転職先だけを検討した」人の割合は、日本は26%。また、日本の転職者のうち4人に3人は、転職後、給与水準が転職前と同水準もしくは下がる転職先も検討しています。

 では、諸外国はどうでしょう。13カ国平均で、給与水準が上がる転職先だけを検討している人の割合は53%と、日本の2倍以上なのです。ちなみに、インドは81%、中国は63%と、過半数の人が「転職前よりも給与水準が上がる転職先だけを検討」しているのです(表1参照)。

 実は、前職の退職理由を単一回答で聞くと、日本も含めて、その1位は「報酬に対する不満」です。ただし、その割合は13カ国平均の22%に対して、日本は17%にとどまり、「職場の人間関係への不満があった」の16%と同じ位の割合です。「不満はなかったが辞めざるを得なかった」(15%)を挙げた人の割合が他国よりも高いのも特徴です。

 ちなみに報酬に対する不満を理由として挙げる人が特に多いのは、インド(35%)と中国(30%)です。両国では、転職前よりも給与水準が上がる転職先だけを検討した人が多く、日本のその割合が少ないのもうなずける結果となっています。

 つまり、そもそも日本では給与水準を理由に転職している割合が低く、転職時に給与水準が上がるように活動していない人も多いという特異性があるのが分かります。

現在の職場でも「高い賃金」を重視しない日本
 転職に限らず、仕事をするうえで重要視している点においても、日本の特徴が表れます。少し古い情報ですが、リクルートワークス研究所のリポート「アジアの『働く』を解析する」(2013年)では、中国、韓国、インド、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、日本のアジア8カ国に米国を加えた9カ国の「働く」についての様々な比較を試みています。

 ここでも、日本の独自性が際立っています。例えば、「仕事をするうえで大切だと思うもの(3つまで選択)」という設問に対して、「高い賃金、充実した福利厚生」を選択した割合は、高い順にインドネシア、中国、マレーシア、ベトナム、韓国、タイの6カ国で70%を超えています。そして10%以上の差があってインド(58.8%)、米国(56.9%)が続き、日本はさらに15%以上離れて39.0%と、唯一、過半数を割っているのがわかります(表2参照)。

 つまり日本は唯一、仕事をする上で「高い賃金、充実した福利厚生」を重視する人が4割弱しかいない国なのです。ちなみに、日本はトップ3まで見ても、「人間関係(56.0%)」「仕事内容(51.3%)」「勤務時間・休日(49.0%)」と、高い賃金や充実した福利厚生は出てきません。

■日本は「賃金」よりも「職場の人間関係」
以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00010001-nikkeisty-bus_all

島根の女子大学生、遺体の一部が発見された事件から4年、わるいね(*´ー`*)♡♡♡

1 :朝まで名無しさん:2013/10/26(土) 20:25:02.62 ID:coFELxWw

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xQqLo6X.jpg 島根県浜田市の女子大学生が殺害され、遺体が広島県の山の中で見つかった事件で、
女子大学生の行方が分からなくなってから4年になる26日、
警察はチラシを配って情報の提供を呼びかけることにしています。

島根県浜田市にある島根県立大学に通っていた平岡都さん(当時19)は、
4年前の10月26日の夜、市内のアルバイト先を出たあと行方が分からなくなり、
その後、殺害され切断された遺体の一部が広島県の山の中で見つかりました。
警察は現在も110人態勢で捜査を続け、捜査本部にはこれまでにおよそ2650件の
情報が寄せられましたが、犯人につながる有力な手がかりは得られていません。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131026/k10015571901000.html

善人は報われず、傲慢でおべっかを使う嫌な奴ほど出世する、沈黙が金、( ・_・)ノΞ

1 :ノチラ ★:2017/12/18(月) 18:24:31.18 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/r23ndIt.jpg お話の世界では、努力は報われ、正直者は幸福になり、正義は最後に勝つことになっています。しかし、現実はどうでしょうか。

 アメリカの研究者が調べたところ、職場では仕事を頑張るより上司の評価を「管理」したほうが、より高い勤務評価を得ていました。評価の管理とは、ようするに“おべっか”のことです。

 もちろん、どんな組織にもゴマすりはいます。「そんな奴はみんなから嫌われるから、最後は失敗するにきまってる」と思うかもしれません。しかしこれも、調べてみた研究者がいます。すると驚いたことに(まあ、驚かないひともいるかもしれませんが)、どれほど見え透いたお世辞であっても、ゴマすりが逆効果になる限界点はありませんでした。ゴマはすればするほど得になるのです。

 こうして研究者は、次のように結論しました。

「上司を機嫌よくさせておけば、実際の仕事ぶりはあまり重要ではない。また逆に上司の機嫌を損ねたら、どんなに仕事で業績をあげても事態は好転しない」

 ことわっておきますが、これは「成果主義」「実力主義」の代名詞になっているアメリカ企業の話です。

 さらに不愉快な研究もあります。アメリカのビジネス専門誌の調査では、同調性の低い人間のほうが、同調性の高い人間より年収が1万ドル(約110万円)も多くなりました。「同調性が低い」というのは、利己的で他人のことなどどうでもいいと思っている、ということです。組織においては、上司にゴマをすりつつ、自分勝手に昇給を要求することが成功の秘訣なのです。

 しかしこれでは、善人は報われないのではないでしょうか。残念ながらそのとおりです。

 私たちが他人を評価するとき、その80%は「温かさ」と「有能さ」という2つの要素で決まります。問題なのは、この2つが両立しないと見なされていることです。

 親切なのはよいことですが、あまりに親切すぎると「無能」の烙印を押されます。逆に傲慢で嫌な奴ほど、第三者にとっては有能で権力があるように映ります。その結果、企業のCEOには常軌を逸して嫌な奴、すなわちサイコパスの比率が高くなります。彼らはみんなのために必死に働くのではなく、組織のなかで権力を握ることだけに全精力を注ぐのです。

 これがすべて事実なら、善人は救われないと思うでしょう。これもそのとおりで、職場での冷遇は、肥満や高血圧以上に心臓発作のリスクを高めることがわかっています。

 東芝、日産、神戸製鋼から東レまで、日本を代表する企業の不祥事がつづいています。国会では、“モリカケ”問題で官僚が冷や汗をかきながら答弁しています。いつから日本人はこんなに無様になったのか。目の前に不正があるのなら、一身を賭して真実を暴き、悪を掣肘すべきではないのか。そんな怒りにふるえるひともいるかもしれません。

 でも、彼らはみんな“宮仕え”の身です。アメリカ以上にベタなムラ社会である日本の会社や官庁に、硬骨漢や正義の士がはたして何人いるでしょうか。

 忖度できるひとしか出世しないのなら、忖度が得意なひとがどこにでも現われるのは当たり前の話です。
http://diamond.jp/articles/-/153530

びっくりよ(´▽`人‘▽’)、大学授業料「出世払いを」 私大団体連が提言

1 :ノチラ ★:2018/02/15(木) 13:11:44.29 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nrIckJl.jpg 日本私立大学団体連合会は15日までに、大学進学に伴う家計負担を軽減するための新たな修学支援制度の案を公表した。授業料などを卒業後の所得に応じて返済する「出世払い」方式を国公立大も含め導入。同時に国の私大向け補助金を大幅に拡充し、国立大と私立大の格差を是正する。

 政府は低所得者を対象にした高等教育無償化の制度設計を進めている。私大団体連は制度案を提言にまとめ、幅広い世帯を対象にした負担軽減も進めるよう訴える。

 新制度の名称は「高等教育機会均等拠出金制度」。学費の2割を在学中に支払い、残る8割は卒業後、一定の所得額に達すると給与から源泉徴収で返済する。学費を家計(保護者)ではなく学生本人の負担にする。

 私学助成や私大生の授業料減免に充てる財政支出を現在より1兆2千〜3千億円程度増額。国立大と私立大の間の公費支援の格差を是正する。

 私大団体連によると、私大生1人当たりの公的支出は年間約16万円で、国立大生の約13分の1。鎌田薫会長(早稲田大総長)は学生の家庭の平均収入の水準は私大より国立大の方が高いとした上で「国立大学に行くか私立大学に行くかで納税者の間に格差が出るのは問題だ」と訴えた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26929950V10C18A2CR0000/

左手にスマホ、右手に飲み物を持ち電動自転車で女性にぶつかり死亡させた20歳女子大生を重過失致死容疑で書類送検、その前段??

1 :記憶たどり。 ★:2018/02/15(木) 13:48:26.50 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OYBs7Z6.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000040-asahi-soci

川崎市麻生区で昨年12月、スマートフォンなどを手に持って電動自転車に乗り、
歩いていた女性(当時77)にぶつかり死亡させたとして、神奈川県警は15日、
大学2年の女子学生(20)=同区=を重過失致死の疑いで横浜地検川崎支部に書類送検した。
「ぶつかるまで気がつかなかった。大変申し訳ないことをしてしまった」と述べ、容疑を認めているという。

麻生署によると、女子学生は昨年12月7日午後3時15分ごろ、同区上麻生2丁目の路上で、
両手が塞がった状態で電動自転車をこぎ出したところ、歩いていた女性に衝突し、死亡させた疑いがある。
女子学生は、左手に持っていたスマートフォンをポケットに入れようとして前方を見ていなかった上、
右手に飲み物を持ち、ブレーキをかけられる状態ではなかったという。

2015年に施行された改正道路交通法では自転車運転に関し、信号無視やブレーキのない自転車で
走行した場合、「危険行為」にあたり、交通切符(赤切符)が交付される場合がある。3年以内に2度摘発された
自転車運転者に対し、講習の受講を義務づけた。携帯電話を使いながらや、傘を差しながらといった行為は
指導警告を受け、従わない場合や人身事故を起こした場合も危険行為とみなされる。