Windows 7サポート終了まで2年 ユーザーはどうする?、本物じゃねwww

1 :ノチラ ★:2018/02/15(木) 05:00:48.11 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yMN9npR.jpg 日本マイクロソフトは2018年1月23日、記者説明会を開催した。その中で、2020年に延長サポートの終了を迎えるWindows 7とOffice 2010について、企業ユーザー向けの乗り換え支援策について説明を行った。

延長サポートとは?
 OSやアプリケーションのサポートとは、主に不具合の解消や、発売後に発見されたセキュリティー上の脆弱性の修正などを指す。マイクロソフトの製品にはメインストリームサポート期間がまず適用され、それが終わると延長サポート期間に入り、それも終了するとサポートは行われなくなる。サポートがなくなると、不具合の解消や脆弱性の修正などが行われなくなるので、コンピューターウイルスなどに対して脆弱になり、使用し続けるのが危険になる。つまり、そのOSやアプリケーションが実質的な寿命を迎えることになる。

 Windows 7などOSには、ライフサイクルのスタート(発売日)からそれぞれ最低5年間のメインストリームサポートと延長サポートが設定されていて、約10年間は使い続けられる。Windows 7は2009年10月発売で、10年以上経過した2020年1月14日が延長サポート終了日になる。Office 2010製品(Excel 2010やWord 2010など末尾に2010が付くマイクロソフトオフィスのソフト)は2010年7月がライフサイクルのスタートで、10年以上経過した2020年10月13日に延長サポートが終了する。

2014年にWindows XPが延長サポート期限を迎えるとき、こうしたサポートの終了や終了による危険性の説明などが広く周知されておらず、テレビのニュースで取り上げられるほどの混乱を招いた。企業では新しいOSやオフィスアプリケーションの導入にあたって、社内で使っているアプリケーションが動作するかどうかなどの検証期間や、導入の予算化に時間がかかる。日本マイクロソフトはWindows XPのサポート期限が終了することを事前にアナウンスしていたが、そうした時間や予算を確保できない企業があったことも批判の原因だ。

 そこで日本マイクロソフトとしてはWindows XPのときのようなことにならないように、延長サポート終了まで約2年という早めの時期から、法人向けの相談窓口や移行支援サイトの開設し、また2018年に全国で約1000回行うというイベント・セミナーなどで周知に取り組んでいくという。

ここからは会員の登録が必要です。
http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/14/255608/013000386/

CPU脆弱性対策パッチの影響、最新型なら8%性能低下と軽微 Intelがベンチマーク公開、丸見えだ(*´ー`*)♡♡♡

1 :trick ★:2018/01/12(金) 13:39:44.48 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jPLH6u2.png 脆弱性対策パッチで6〜8%のパフォーマンス低下 Intelがベンチマーク公表 – ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1801/12/news051.html
「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性の対策パッチがパフォーマンス与える影響について、第6〜第8世代の「Core」プロセッサとWindows 10を搭載したマシンのベンチマーク結果を公表した。

2018年01月12日 08時50分 公開

 米Intelは1月10日、「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性について、クライアントで緩和策を適用した場合に、パフォーマンスに及ぼす影響を調べたベンチマークの結果を公表した。

 今回の脆弱性は3日に発覚した。米国時間10日の時点でまだ、この問題を突いてユーザーのデータが盗まれる被害は確認されていないという。

 Intelは今回、第6〜第8世代の「Core」プロセッサとWindows 10を搭載したマシンのベンチマーク結果を公表した。それによると、SSD搭載の第8世代プラットフォーム(Kaby Lake、Coffee Lake)でオフィス業務やメディア作成などを行った場合、パフォーマンスに与える影響は6%未満だった。

 ただ、例えば複雑なJavaScriptを伴うWebアプリケーションなどを使う場合は、最大で10%の影響が出る可能性もある。一方、ゲームのようにグラフィックを集中的に使う作業や、金融分析のように処理能力を集中的に使う作業では、影響は最低限にとどまるとしている。

 第7世代のKaby Lake-Hを搭載したモバイルプラットフォームでは影響は7%程度、第6世代のSkylake-Sでは8%程度だった。Windows 7の場合も影響は6%程度で、HDDを搭載したシステムでは影響はさらに低かった。

 Intelはこのベンチマーク結果を踏まえ、「一般的なホームPCやビジネスPCで電子メールの使用や文書の作成、写真へのアクセスといった通常の作業を行う場合、動作速度が目に見えて遅くなることはないはず」と説明している。

 サーバプラットフォームについてのデータは数日中に公表予定。「業界のパートナーと連携して、出来る限りパフォーマンスへの影響を抑えるためのクリエイティブな解決策に取り組む」とも表明した。

 Intelのファームウェアアップデートは12月上旬からOEM向けに提供を開始しているという。過去5年の間に導入されたIntel CPUの90%以上については、1週間以内にアップデートを公開する見通しで、残りについても2018年1月末までに公開を見込んでいる。
http://image.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1801/12/l_ki_intel01.jpg

2020年!?、Office 2019はWindows 10にのみ対応、プレビュー版は第2四半期に登場

1 :ノチラ ★:2018/02/06(火) 20:16:29.20 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ofwyQGK.jpg  米Microsoftは、最新のCPUではWindows 10のみをサポートするという策を既に講じている。そして、Officeに関しても似たような手法を取ろうとしている。同社は現地時間2018年2月1日、永続ライセンス版の次期オフィススイート「Office 2019」について、対応するOSがWindows 10のみであることを明らかにした。

Microsoftは、Office 2019を発売する予定があることを、2017年秋の時点で公表していた。今回の発表では、プレビュー版を2018年第2四半期にリリースすることと、以前の発表どおり正式版を2018年下半期に発売することを明らかにした。具体的な新機能についてはまだ発表がないが、プレビュー版で実際に試せるのは間もなくだ。

 一方、Office 2019の動作環境については、同社はこれまで明らかにしていなかった。ハードウエア要件はまだ不明だが、今回の発表により、Windows 10が必要であることが分かった。具体的には、「半期チャネル」(SAC:Semi-Annual Channel)に参加していてサポート期間内にあるWindows 10であれば動作する。年2回の機能更新プログラム(大型アップデート)が適用されているWindows 10 HomeとProはこれに該当する。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481709/020600401/

QualcommとMicrosoftが“Arm版Windows”を正式発表、そういう( ・_・)ノΞ

1 :ノチラ ★:2017/12/07(木) 13:38:09.52 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MlqhIgK.jpg Qualcommは、米国ハワイ州マウイ島においてテクノロジイベント「Snapdragon Tech Summit」を開催しており、現地時間12月5日午前8時半(日本時間 12月6日午前3時半)から基調講演を開始した。

 基調講演に登壇した同社子会社Qualcomm Technologiesで社長を務めるクリスチャン・アーモン氏は、Microsoft Windows & Devices担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏をゲストに招き、両社が昨年(2016年)のWinHECで構想を明らかにした「Arm ISA(Instruction Set Architecture)」に対応したWindows 10(いわゆるWoA: Windows on Arm、QualcommではWoS: Windows on Snapdragonと呼んでいる)を正式に発表した(Win32アプリが動く“ARM版Windows 10”はフル機能搭載の完全なるWindows 10参照)。

対応デバイスはまずASUSとHPから。LenovoはCESで発表
 発表会にはASUS、HPも招かれており、Snapdragon 835を搭載したデバイスがまずはASUSとHPから発売されることが明らかにされた。

 なお、今年(2017年)の5月末に台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEIでは、ASUS、HP、Lenovoの3社が最初のデバイスパートナーとなることがMicrosoftから発表されていたが(Microsoft、国内/海外でも常時接続を実現するeSIMをWindowsに実装参照)、Lenovoのデバイスに関してはアーモン氏から、2018年の1月9日にCESで予定されているLenovoの記者会見で発表されることが伝えられた。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1095258.html

人間離れだ( ・_・)ノΞ、Linuxシェア増加で5%に近づく – 9月OSシェア

1 :ノチラ ★:2017/10/08(日) 17:32:25.01 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bzLijKv.jpg Net Applicationsから2017年9月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年9月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。特にLinuxは8月と9月で大きくシェアを増やしており、この2カ月でシェアを2倍ほどまで増やしている。

デスクトップ向けオペレーティングシステムのシェアがここまで大きく変動することは珍しい。Macもシェアを増やしているが、Linuxの増加率のほうが大きい。同様の傾向が続いた場合は、LinuxのシェアがMacのシェアを超える可能性もある。

バージョン別に見ると、Windows 10はシェアを増やしているものの、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPはシェアを減らしている。古いWindowsからWindows 10への移行が進んでいるというよりは、Windows以外のオペレーティングシステムへの移行が進んでいる可能性がある。

http://n.mynv.jp/news/2017/10/02/160/images/001l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2017/10/02/160/images/002l.jpg
1 Windows 88.88% 90.70% ↓
2 Mac 6.29% 5.94% ↑
3 Linux 4.83% 3.37% ↑
4 FreeBSD 0.01% 0% ↑
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/02/160/

ドンキ、19,800円の14.1型フルHDノート「MUGA ストイックPC」を発売、増えてる( ・_・)ノΞ

1 :ノチラ ★:2017/11/27(月) 15:33:22.02 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/18j8BqA.jpg http://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2017112/20171127120022_687_.jpg
ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格」の新モデルとして、14.1型ノートPC「MUGA(無我)ストイックPC KNW14FHD-SL」を全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で12月1日より順次発売すると発表した。

ディスプレイに、14.1型フルHD液晶(1920×1080ドット)を装備したノートPC。視野角が広い高精細IPSパネルも採用した。また、Microsoft Officeと互換性を持つ、キングソフトの「WPS Office」が付属する点も特徴だ。

このほか主な仕様は、CPUが「Atom x5-Z8350」、メモリーが2GB LPDDR3(増設不可)、ストレージが32GB eMMC。外部記録媒体はmicroSDメモリーカードスロット×1(最大64GB)を装備。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.0に対応。インカメラに30万画素カメラを備える。

インターフェイスは、USB3.0×1、USB2.0×1、miniHDMI×1、3.5mmイヤホン×1を装備。スピーカーは1W×2。バッテリー容量は10000mAh、駆動時間は約7時間。OSは「Windows 10 Home」をプリインストールする。
本体サイズは329(幅)×20(高さ)×219(奥行)mm、重量は約1200g。
価格は19,800円(税別)。
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0020/id=69725/

ウキウキ+#+、Windows 7でアップデートに失敗する不具合が発生中

1 :ノチラ ★:2017/12/05(火) 18:25:16.35 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6lSjn4i.jpg Microsoftのコミュニティページのユーザーの投稿によれば、一部のWindows 7環境で、Windows Updateに失敗するという投稿が寄せられている(該当ページ参照)。

 Windows 7のアップデート時にエラーコード「80248015」という番号とともに、アップデートができないといった旨のメッセージが表示され、場合によっては再起動をうながされるものの、再起動しても問題は解決しないようだ。

 ZDNetといった海外ニュースサイトなどの情報によると、日付を2017年3月12日以前に戻せば、一時的にエラーが起きないといった報告が上がっているものの、現時点ではMicrosoftから根本的な解決を図る手段が提供されていない状況だ。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1095038.html

富士通社長、レノボとのパソコン統合「早晩まとまる」 経営説明会、2013年1(*゚∀゚)

1 :ノチラ ★:2017/06/06(火) 16:40:29.02 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D0F8kT9.jpg  富士通(6702)の田中達也社長は6日に都内で開いた経営方針説明会で、今年3月末までを目指した中国レノボ・グループとのパソコン事業統合の最終合意が遅れていることについて「両社のシナジー(相乗効果)をどう出すかを詰めている段階だ。破談になるような大きな問題が発生したわけではない」と話した。合意の時期については「早晩、まとまると考えている」と述べるにとどめた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HNH_W7A600C1000000/