最新の愛子さま 清純派アイドルのようにおなり遊ばされる、不経済ヾ(⌒▽⌒)ゞ

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/24(土) 23:16:21.49 ID:Wx7MbW3f0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AUC14YE.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
来年5月1日に即位する皇太子さまは58歳の誕生日を前に臨んだ記者会見で、
次代の象徴天皇の在り方について、天皇陛下と同じく「国民と苦楽を共にし、国民の幸せを願う」ことを念頭に、
「望ましい在り方を求め続ける」ことへの覚悟をにじませられた。
天皇、皇后両陛下の公務に幼少期から同行するうちに「将来は天皇になる」との自覚を持つようになったことも打ち明けられた。

皇太子さまは高校総体などの公務に同行した思い出を紹介した上で、「ここに生まれたからには将来は天皇になる」という気持ちが、
徐々に自身の心の中に宿ってきたとご説明。
両陛下の手元で育てられ、公務に臨まれる姿勢を見る機会を持てたことが「有り難い」と感謝された。

公務においては、「多くの人々と接する機会を作ること」を重要視する考えをご披露。
皇太子妃雅子さまとともに被災地を含む地方を訪れる際には、多くの国民と話ができるよう心がけてきており、今後も続けていくことを強調された。

また、「世界各国との相互理解を深めていくことも大切」として、「文化交流や国際親善の面でもお役に立てれば」との意向も示された。
こうした象徴としての公務の在り方については、雅子さまと日頃から話し合われているという。

http://www.sankei.com/life/news/180223/lif1802230001-n1.html
http://k.pd.kzho.net/1519481611836.jpg
http://k.pd.kzho.net/1519481626432.jpg
http://k.pd.kzho.net/1519481588568.jpg

松本零士の描いた最新のメーテルをご覧ください。999新作。昔なら2時間でAAが作られるレベル、こりゃ^^^

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/23(金) 20:24:00.37 ID:m1GFD7wr0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hhlkQxU.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
「鉄郎、新しい旅が始まるわよ」 漫画『銀河鉄道999』が完全新作で11年ぶり再始動
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1802/23/news098.html
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/23/tnfigada999001.jpg

彡⌒ ヾ(ᅙωᅙ)ふっふっふ、マツダ「CX-5」改良、3/8発売 – 最新のSKYACTIVエンジン全面展開

1 :ノチラ ★:2018/02/08(木) 19:22:40.37 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EqXijUj.jpg マツダは8日、クロスオーバーSUV「CX-5」を商品改良して予約開始し、3月8日に発売すると発表した。同社の国内向けSUV最上位モデル「CX-8」にも搭載される進化したクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンを搭載するなど最新のSKYACTIVエンジンを全面展開する。
https://news.mynavi.jp/article/20180208-582499/images/001.jpg

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」に「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」などの新技術を採用し、「SKYACTIV-G 2.5」には「気筒休止」技術を同社初採用。ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には「急速多段燃焼」などの技術を採用し、実用燃費や走行性能を向上させている。

「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定したほか、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備するなど、安全性や利便性も向上。フロントドア / リアドアのパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」も採用した。好評のパワーリフトゲートのメーカーセットオプション設定をガソリンエンジン車にも拡大し、機能性も向上させた。

これらの改良により、ガソリンエンジン車では高速道路やバイパスでの走行など一定速度で巡航している状態での実用燃費の向上、ディーゼルエンジン車では多人数乗車時や荷物を載せた状態で従来以上の快適な走りと実用燃費の向上が期待できるという。

「360°ビュー・モニター」を使用することで、駐車時や狭い道でのすれ違い時、見通しの悪い交差点進入時でもより安全な運転をサポートできるようになる。今回の商品改良では、このように日常的に使用されるシーンにおいて、これまで以上に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」が実感できることをめざしたとのこと。
https://news.mynavi.jp/article/20180208-582499/images/002.jpg
https://news.mynavi.jp/article/20180208-582499/